NLPを自分でも人に教えてみたいということであれば、NLPトレーナーの資格を取得する必要があります

NLPを指導するためにはトレーナー資格が必要

NLPを指導するためには多額のお金が必要
NLPを学ぶことでNLPの良さを知り、人に教えたい!と思う人もいるようです。

あるいは、NLPを勉強する前から、ビジネス的な意味でNLPの指導者としての道を考えている人もいるかもしれません。しかし、NLPを指導するというレベルに行くまでには、NLPをかなりのレベルまでマスターしていることが必要で、さらに多額のお金が必要になるということを予め知っておく必要があります。

専門的な職業でNLP資格は役立つことが多いNLPの資格は、4段階になっています。まず最初にNLPの基本を学ぶ「①NLPプラクティショナー」、その後に応用的なNLPを学ぶ「②NLPマスタープラクティショナー」、NLPを人に指導するスキルを持つ「③NLPトレーナー」、NLPを指導するNLPトレーナーを育成することができる「④NLPマスタートレーナー」の4段階です。

NLPを人に教えるためには、③NLPトレーナーの資格を取得する必要があります。(④NLPマスタートレーナーは世界でも数人という人数しかいないと言われており、このレベルまで狙うのは現実的ではありません)

この場合、注意する必要があるポイントは3点あります。

まず1つ目は、段階的にコースを受講して、しっかりと資格を取得(認定)していくこと。NLPプラクティショナー⇒NLPマスタープラクティショナー⇒NLPトレーナーの順で資格取得を目指していきます。コースを飛び越えたりすることはできません。

2つ目は、受講料がかなり掛かるということ。つまり、お金をしっかりと準備しておく必要があります。NLPの各コースは決められた受講料はありません(各団体やトレーナーが任意で決めている)が、相場はだいたい決まっています。
①NLPプラクティショナーコースが30万円~40万円、②NLPマスタープラクティショナーコースが35万円~45万円、③NLPトレーナーコースが80万~150万円です。

つまり、①~③まで全て順調に資格取得できたとしてNLPトレーナーになるための受講料は145万~235万円程度となります。もちろん、ここには交通費や宿泊費などの諸費用は含んでいませんので、遠方などの人や、海外でセミナーなどを受けるならば相当な出費を覚悟する必要があるということです。

NLP指導者になりたいという人は少なくないようですが、現実的には金銭的にかなり恵まれていないと難しいということはお分かりいただけるでしょう。

また、NLP指導者は日本でも増えてきています。その中で、有名になって本当に活躍している人(たくさんの受講生を集客できる人)というのはごく一部だといわれています。今後は、ますますNLPトレーナーも増えてくるでしょうから、競争の時代になっていくものと想定されます。

3つ目は、NLPトレーナーになりたいのであれば、どの団体のNLP講座を受講するのか最初の段階から意識して決めておくということです。

NLP団体というのは実はいろいろな団体があり、例えばNLPプラクティショナーコースとNLPマスタープラクティショナーコースの資格を取っても、その2つの資格が異なるNLP団体による認定のものだと、NLPトレーナーを受講することができないというケースがあります。この場合、あらたに同じNLP団体での認定を受ける必要があります。

こういったことにならないようにするためには、NLPトレーナー資格まで一貫して指導しているNLP指導機関を予め選ぶということが必要でしょう。また、最初の段階でNLPトレーナーを目指しているということを伝え、そのNLP指導機関でNLPトレーナー資格まで取得することが可能かどうかをしっかりと確認しておいたほうが良いといえます。

以上のように、NLPを人に教えるレベルにいくためには、かなりの時間とお金が必要です。(ただし、時間的には上手く行けば1年程度でトレーナーレベルまでは進むことができます)本気でNLPを教えたいという人には良いかも知れませんが、興味本意でNLPトレーナーを目指すというのは現実的ではありません。それなりの覚悟が必要なのです。

 

次へ オススメのNLP-DVD通信講座


 
TOPPAGE  TOP