NLPを学ぼうと思った時に、最初に学ぶのがNLPプラクティショナーコースになります

NLPプラクティショナーコースはNLPの登竜門

基本と言ってもかなりのボリュームがあります
NLPを学ぶ時に、最初の入り口となるのがNLPプラクティショナーコースです。

プラクティショナーとは、「Practitioner」=実践する人、という意味であると考えることができます。つまり、NLPを実践することができる知識とスキルを習得しているというわけです。

NLPは誰でも使うことができるように体系的に整理された学問です。そのため、NLPプラクティショナーコースはNLPを学ぶ上での基本といわれていますが、基本というのは初級というような意味ではなく、「自分で使うことができるレベル」という解釈の方が妥当でしょう。

NLPプラクティショナーコースはNLP理論の基本を学ぶ登竜門的な位置付けです事実、NLPは基本となるプラクティショナーコースであっても、10日間ほどの時間を学ぶ必要があります。また、受講料も30万円~40万円です。

日本に資格試験はいくつもありますが、基本コース(初級など)で30万円~40万円の受講料が掛かるというものはほとんどないといえます。そのぐらい、密度の濃い10日間をNLPプラクティショナーコースでは過ごすということになります。

基本というのはあくまでNLPの資格体系からいうと最も下位に位置するというだけであって、内容的にはNLP理論を一通り全て勉強するというイメージになります。

なお、NLPプラクティショナーコースを受講し、NLPプラクティショナー資格認定をされた場合、そこで学んだ知識を他の人に伝えるということができるようになります。ただし、NLPトレーナーのような指導者というよりは、知識を伝えるというイメージです。

(NLPトレーナーというのは、NLPプラクティショナーコースを自らが開催することができ、さらにNLPプラクティショナーの資格認定までも行うことが可能な、本質的な指導者のことをいいます)

NLPプラクティショナーコースでNLPの全体像を把握することは可能ですし、実践的な使えるスキルも身につけることが可能だといえるでしょう。

一般の人がビジネスや日常生活で活かすためにNLPを学ぶ場合には、このレベルで十分であるともいえますが、もっとNLPを深く知りたい・応用的なNLPも学んでみたいというような場合には、プラクティショナーコースの上位である、NLPマスタープラクティショナーコースを受講することになります。

 

次へ オススメのNLP-DVD通信講座


 
TOPPAGE  TOP