厳しい就職戦線を勝ち抜け、内定を獲得した就活生はNLPを学んでおくと社会人になってから必ず役に立つでしょう

社会人になって必要なコミュニケーションスキルを習得

コミュニケーション能力の重要性

社会人になって最も重要となるスキルといえば「コミュニケーション能力」です。これは多くの企業が共通して挙げていることで、経団連における「新卒採用に関するアンケート調査」の最も重視する要素としてコミュニケーション能力が挙げられています。

 ⇒ ビジネスでコミュニケーション能力が求められる根拠

内定を通過したということは、企業側からコミュニケーション力について大きな問題はないということを認められたということになりますが、やはりビジネスの現場に出ることを想定すれば更なるコミュニケーション力を磨いておいても損はないでしょう。

内定を勝ち取ったらNLPを学んでコミュニケーション力を高めようコミュニケーション力を高めるための勉強などは我々はまともにしてきていません。友人や家族、社会とのかかわりの中で自らが学んできたもの

しかし、そういった「自己流のコミュニケーション」も大切ですが、社会に出るということは本当にたくさんの人がいるものです。厳しい内定を勝ちとったのにも関わらず、なぜか3ヶ月と経たずに会社を辞めてしまう人も多いのです。

新入社員が会社を辞める理由の第一位は「コミュニケーション」に関することが圧倒的に多いのです。つまり、人間関係が上手くいかずに辞めていくということです。

ビジネスというのは、学生のように自分と気の合う人だけと付き合えば良いということではありません。苦手な人とも上手く付き合っていく必要があります

そういった術をNLPでは学ぶことができます。

社会に出て困ることがないように、そして、自分をもっと輝かせたいという学生にはNLPがオススメです。NLPはその性質上、早く学べば学ぶほど高い効果・メリットを得ることができると思いますので、内定が決まった学生には良いのではないでしょうか?一生使えるスキルを身につけることができるのですから。

もちろん、。就職試験も転職試験も、最終的には面就職活動が上手くいっていないという学生や、転職を考えている社会人にもNLPは役立ちます接試験で全てが決まります。面接試験と言うのは、面接官と受験者とのコミュニケーションですから、NLPが圧倒的な効果を発揮するのです。NLPは魔法のコミュニケーションスキルとも言われているわけですから。

次へ オススメのNLP-DVD通信講座


 
TOPPAGE  TOP