NLPは高校でも大学でも教えているところはありません。つまり、NLPを学ぶ際には誰でも初学者であって、皆が同じスタートラインなのです

NLPを学ぶ際は全員が同じスタートライン

NLPを初めて学ぶのは全員が同じ状況なのです

NLPを初めて学ぶ人の中には、「自分は初学者だから・・・」「まったくNLPに関する知識が無い・・・」「心理学は初めて学ぶから不安」という人が大勢います。

しかし、結論からいえば何の問題もありません。というよりも、NLPを学ぶ際は、皆が初学者です。そして、同じスタートラインから学び始めるのです。

そもそも、小学校はもちろん、高校でも大学でも専門学校でもNLPを教えているところは日本では存在しません。ですから、我々が受けてきた教育の中でNLPを学んだという人はいないはずです。

NLPは誰でも初めて学ぶものであり、同じスタートラインから始まりますもちろん、NLPは一般的に「心理学」と「言語学」の要素が含まれていると言われています。

心理学や言語学は大学や専門学校などで専攻した人は学んでいるかも知れません。しかし、その知識があるから、NLPを学ぶ際に有利になるかといえば必ずしもそうではありません。

NLPで学ぶのはあくまでNLPとしての体系的な心理学や言語学であって、一般的に学ぶ心理学や言語学とは異なるものもあります。

むしろ、心理学や言語学を学んできた人は違和感を覚えるような内容もあるでしょう。ならば、まったくそういった知識のない人の方が、スムーズにNLPの知識を吸収することができるため、何の知識もない人の方が有利であるといっても過言ではありません

そもそも、NLPを学ぶということは新たな自分に投資をすることです。既に知っていることを学んだところで大きな意味はありません。初めて学ぶからこそNLPは意味があるのです。

誰でも初めてのことについては、不安でもあり、心配でもあり、少し気後れすることもあるでしょう。しかし、我々はさまざまな体験や経験を通じて成長していくものです。その意味で、何かを始めて学ぶということは、自分の成長を促すために最も重要なことかも知れません。

NLPは特に「魔法のコミュニケーションスキル」といった今後自分の人生において最も役に立つともいえるスキルを学ぶことができます。別の言い方では「脳の取り扱い説明書」とも言われていることからも、他者とだけではなく、自分自身と向き合うという意味で貴重な考え方と視点を手に入れることができるのです。

そうはいっても「初めてだから・・・」とやはり腰が重い人も中にはいるでしょう。でもよく考えてみればそれは極めてもったいないことだと思いませんか?なぜならば、我々の人生の残り時間は有限なものです。いつまでも命があるわけではありません。

これから先のことを考えれば、残り時間はどんどん減っている・・・それが現実です。いつまでも同じ時間が流れているということでもありません。

いくら寿命が延びたといっても、残り時間が存在することは事実です。人生の最後のほうでNLPを学ぶのも良いですが、NLPは実際に人生を豊かにするスキルですから、できるだけ人生のステージの早い段階でマスターしたほうがあなたにとってはるかにメリットは多いといえます。

みんな同じようにNLPを学ぶことを躊躇しています。しかし、だからこそ重い腰を上げた人が自分の人生を楽しく、豊かに、自由におくることができるのです。

一日も早く、NLPを学んであなたの人生をハッピーなものにして欲しいと思います。

自分の人生は1度しかありません。そして、必ず終わりは訪れるのですから。その時に後悔しないための、今からできるお金と時間の投資なのです。

 

次へ オススメのNLP-DVD通信講座


 
TOPPAGE  TOP