活用が広がっているNLPですが、NLP理論はどのようにして成立したのか、その背景をご紹介します

NLP理論が出来上がるまでの背景

NLPは良いとこ取り理論
NLPは、Neuro Linguistic Progurammingの頭文字をとったもので、日本では「神経言語プログラミング」と訳されています。

Neuroは脳の働き、神経(五感)のこと。Linguistic(Language)は言語ですが、非言語も含みます。そして、Progurammingは脳へのプログラミング(学習)を意味しています。

NLPはコミュニケーションの達人の良いとこ取り理論神経言語プログラミングなどと言われるとなんだか難しそうですが、中身は「コミュニケーションの達人のノウハウを良いとこ取りしてまとめたもの」です。

1970代初め、心理学や数学に詳しいアメリカのリチャード・パンドラー博士と、同じく米国で言語学に詳しいジョン・グリンダー博士の協力によってNLPは生まれました。

彼らが研究したのは、当時絶大なコミュニケーション能力を駆使して圧倒的な活躍を見せていたセラピーなどのコミュニケーションの達人に共通するコミュニケーションのアプローチです。コミュニケーションの達人は、どのように言葉や非言語を使っているか、それを心理学、言語学の側面から解析・体系化し、誰もが使えるモデルとして確立したのがNLPなのです。

結論的には、コミュニケーションの達人のスキル中から、共通して優れている部分を抽出し、誰でも応用可能として整理し体系化したものがNLPであるといえます。

NLPの素晴らしいところは、誰でも使えるということでしょう。ごく一部の天才的なコミュニケーションの達人のみが使っていたスキルを、少しの勉強で誰もが使うことができる理論に整理した。そんな知っていて得するスキルというよりも、知らなければ圧倒的に損をするというのがNLP理論なのです。

次へ NLP理論の基盤になったセラピスト


 
TOPPAGE  TOP