NLPを学ぶためには、実際に体験してみるワーク型セミナーが一般的です

NLPはどのようにして学ぶのか

NLPの一般的な学び方
NLPを学ぶ時にポイントになるのが、理論と実践の両輪です。

NLPは理論でけではなく、ワークがポイント日本でNLPを学ぶ場合、NLPトレーナー資格を持つNLP講座を受講する方法が一般的です。

NLP講座の特徴は、単にNLP理論を知識として覚えるだけではなく、実際にNLPを体験してみるというワークにあります。

NLPは知識よりも、実際に使うことができるかどうかということが最も重要です。そのため、NLPは頭を使って知識を記憶するということよりも、実際に自分の五感を使って体験してみるということがポイントになるのです。

ですから、NLP講座を受講する場合には、少人数の参加者(多くても20名程度)で新しい学びの都度、ペアを組んで実際に体感しながら体で習得するというスタイルをとっています。

それが自らの気付きにつながり、実際に現場(仕事や日常生活)で活用することができるスキルとして定着していくことになります。NLPは頭で理解するよりも、身体で覚えるということです。理論を押さえ、それをすぐさま実践してみて体感することは、確かになによりも実際に使うことのスキルとして習得しやすいばかりではなく、記憶もしやすくなります。

しかし、それが理由でNLPを学ぶためには大都市圏に行く必要性があり、また、日数も多く掛かることから地方の忙しい社会人にはNLPを学びたいがなかなか・・・という障害になっていることもまた事実なのです。

次へ NLPの講座受講料と期間


 
TOPPAGE  TOP