NLPを学ぶに当たって、どのくらいの受講料が必要になるのか。また、受講期間はどのくらいなのかご紹介します

NLPを学ぶために必要な受講料と期間

気になるNLPの受講料とは
話題のNLPを学ぶ時に必要な受講料、そして期間は気になるところです。

NLPは思った以上に高額な受講料が必要ですNLPを学ぶための受講料については、NLPの指導団体によって任意に設定されています。従って、決まった金額というものは存在しません。

日本でNLPを学ぶ場合、NLPの基本となるプラクティショナーで30数万から40万円程度が相場となります。つまり、NLPの基本を押さえるためには、いきなり30万~40万の受講料が必要だということです。

また、さらに応用的なマスタープラクティショナーコースの場合には、35万~42万が相場です。これは、あくまでプラクティショナーコースを受講した前提で掛かる受講料ですから、プラクティショナーコースとマスタープラクティショナーコースを受講すると、65万~82万程度の受講料が必要になります。

さらに、トレーナーコースは100万前後の受講料が必要になりますので、NLPのトレーナーを目指すのであれば、諸費用を含めれば200万円程度の受講料が必要になると考えてよいでしょう。

なお、受講期間については、プラクティショナーコースで80時間程度が基本となります。この場合、例えば土日コースであれば、8時間の講座を土曜と日曜日のみで10日間にわたって実施されることになります。

マスタープラクティショナーコースも、プラクティショナーコース同様に、80時間程度の受講が基本となっています。

ワークを行いながら学ぶというNLPの考え方から、かなり受講料は高額であり、また、受講期間も長いということがNLPの特徴です。これでは、地方に住んでいてNLPを勉強したい人や、忙しい社会人・主婦にはなかなか受講が難しいかも知れません。

しかし、NLPの学び方には実は「DVD通信講座」というものが存在します。DVD講義であれば、どこにいても受講できるというメリットがあり、また、価格も驚くほど安くなっています。

具体的に、NLPのDVD講座の特徴(メリット・デメリット)を見てみましょう。

次へ NLPのDVD学習の特徴


 
TOPPAGE  TOP