NLPの知識と実践力を持ち、人に伝えることができる表現力までも有しているのがNLPマスタープラクティショナーです

NLPマスタープラクティショナーコースはNLPの上級編

NLPを人に伝えるためのアピール・表現・説得力を学ぶ
NLPでは、まずはNLPプラクティショナーコースによって基本を習得することになりますが、さらにNLPを深く学びたい、そんな人に向けた応用・上級的なコースがNLPマスタープラクティショナーコースです。

NLPプラクティショナーが「自分で使うことができるレベル」であるのに対し、NLPマスタープラクティショナーは、「NLPを人に伝えることができるレベル」というイメージになります。

NLPプラクティショナーコースはNLP理論の基本を学ぶ登竜門的な位置付けですカウンセリングやコーチングなど、人とのコミュニケーションに関する業務を行っている人には、NLPマスタープラクティショナーは強力なスキルとなるでしょう。

ここで言うスキルというのは、NLP理論そのものを活用できるというスキルはもちろんのこと、相手に対する自分の見せ方やアピール、影響力の行使などを含みます。

NLPプラクティショナーコースでは、まずは自分が使うというシーンを想定していますが、NLPマスタープラクティショナーコースでは、自分で使えることを前提に、それを人に伝えることができるところまでNLPを深く学んでいくことになります。

NLPプラクティショナーコースを修了し資格認定されると、NLPの内容を人に伝えることができるようになりますが、NLPマスタープラクティショナーコースを修了した場合、「NLP」という文字をカウンセリング・セラピー・セミナーなどを行う際に使うことができるようになります。

プラクティショナーとは、「実践する人」という意味がありますが、マスタープラクティショナーは、「深く実践する人」というようなイメージになります。

ですから、マスタープラクティショナーコースでは特に人に伝えるための「表現力」「説得力」などの自分の見せ方、つまり「プレゼンテーション力の向上」にかなり力を入れて学んでいくことになります。

なお、マスタープラクティショナーコースを受講するためには、NLPの基本となるNLPプラクティショナーを受講していることが前提となることに注意が必要です。また、マスタープラクティショナーはNLPトレーナーとは異なり、人にNLPを伝えることはできますが、NLPプラクティショナーの資格付与を行うことはできません。

教える(NLPを活用する人を育てる)という意味よりも、NLPの存在や有効性を広く一般の人に伝えていくことができる、そんなイメージになります。教えることと、伝えることは微妙にニュアンスが異なることになります。

 

次へ オススメのNLP-DVD通信講座


 
TOPPAGE  TOP